【Symphony 歌詞和訳】Clean Bandit feat. Zara Larsson

クリーン・バンディット(Clean Bandit)

Clean Bandit の Symphony(feat. Zara Larsson)を和訳してみた!

スポンサーリンク

Symphony とは

この曲は今まで孤独だった人に大切な人ができたという内容を曲などで比喩的に歌っています。最愛の人を失うといった状況がとてもこの曲の臨場感や曲調にピッタリです!とても心に響いて何か勇気づけられる一曲の仕上がっています。

ちなみに、このPVに出てくる二人の若者ですが、彼らは同性愛者です。ですがこのPV、ただの同性愛者だけではなく、もっと深い意味があると思います。黒人(black)と白人(white)などもう一つのテーマなど。

外国などではLGBTQ(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クエスチョニング)は当たり前の存在です。あらゆる面で認められ、理解されています。そう考えると、LGBTQだけをテーマにした曲とは考えられません。このテーマ性の強いPVはもっと深いテーマがあると思います。

いろんな解釈があっていいものだと思いますので、みなさんも少し考えてみると面白いかもしれません。

スポンサーリンク

Symphony 歌詞和訳

I’ve been hearing symphonies
君と僕の曲を聞いてた

Before all I heard was silence
それまでは静寂だった

A rhapsody for you and me
君と僕のための自由な楽曲

And every melody is timeless
そして一つ一つの音が永遠だ

Life was stringing me along
人生が僕を孤独にしてた

Then you came and you cut me loose
そんな時君が表れて僕をその人生から解放した

Was solo singing on my own
どこにも属さないで一人で歌ってた

Now I can’t find the key without you
今、君なしじゃ鍵を見つけられないよ

And now your song is on repeat
そして君の歌が繰り返されてる

And I’m dancin’ on to your heartbeat
君の鼓動に向かって踊り続けてる

And when you’re gone, I feel incomplete
君がいなくなった時、僕は不完全だ

So if you want the truth
だからもし君が真実を知りたいなら

I just wanna be part of your symphony
本当に君の曲の一部になりたいんだ

Will you hold me tight and not let go?
強く抱きしめて離さないで

Symphony
交響曲

Like a love song on the radio
ラジオで流れてるラブソングみたいだ

Will you hold me tight and not let go?
強く抱きしめて離さないで

I’m sorry if it’s all too much
もし重すぎたらゴメン

Every day you’re here, I’m healing
毎日君がここにいて、休まるよ

And I was runnin’ out of luck
不幸を走ってた

I never thought I’d find this feeling
こんな気持ちに出会うなんて思わなかったよ

‘Cause I’ve been hearing symphonies
だって君との曲を聴いてたから

Before all I heard was silence
その前は静寂だった

A rhapsody for you and me
君と僕のための自由な楽曲

(A rhapsody for you and me)
君と僕のための自由な楽曲

And every melody is timeless
そして一つ一つの音が永遠だ

And now your song is on repeat
今君の歌が繰り返されてる

And I’m dancin’ on to your heartbeat
君の鼓動に向かって踊り続けてる

And when you’re gone, I feel incomplete
君がいなくなった時、僕は不完全だ

So if you want the truth
だからもし真実が欲しいなら

I just wanna be part of your symphony
本当に君の曲の一部になりたいんだ

Will you hold me tight and not let go?
強く抱きしめて離さないで

Symphony
交響曲

Like a love song on the radio
ラジオで流れてるラブソングみたいだ

Will you hold me tight and not let go?
強く抱きしめて離さないで

Ah, ah, ah, ah, ah, ah
Ah ah, ah
Ah, ah, ah, ah, ah, ah
Ah ah, ah

And now your song is on repeat
今、君の歌が繰り返されてる

And I’m dancin’ on to your heartbeat
君の鼓動に向かって踊り続けてる

And when you’re gone, I feel incomplete
君がいなくなった時、僕は不完全だ

So if you want the truth(Oh, oh, oh)
だからもし君が真実を欲しいなら

I just wanna be part of your symphony
僕は君の曲の一部になりたい

Will you hold me tight and not let go?
強く抱きしめて離さないで

Symphony
交響曲

Like a love song on the radio
ラジオで流れてるラブソングみたいだ

Symphony
交響曲

Will you hold me tight and not let go?
強く抱きしめて離さないで

Symphony
交響曲

Like a love song on the radio
ラジオで流れてるラブソングみたいだ

Will you hold me tight and not let go?
強く抱きしめて離さないで

スポンサーリンク

Symphony 意味と解説

Life was stringing me alongの意味

Life was stringing me along「人生が僕を孤独にしてた」という歌詞が曲中に出てきます。

その中に string という単語があります。意味は「~を糸に通す」です。

Before all I heard was silence「それまでは静寂だった」このような文から、「君に会うまでは静寂で退屈だった」そんな内容がうかがえます。

string という単語はそんな内容と引き合って「人生が私をその退屈な状況、細くて長い糸に編んでいく」というニュアンスをこの文では持っています。

Then you came and you cut me looseの意味

Then you came and you cut me loose「そんな時君が表れて僕をその人生から解放した」という歌詞が曲中に出てきます。

この Then you came and you cut me loose という文は意味的にもさっきの文の続きです。cut loose で「~を切り離す」という意味です。ここでも、前の歌詞と引き合って「君に出会って、君が糸から私を切り離したんだ」というニュアンスをもっています。

つまり君に会って人生が変わったということです。

とにかく君に会う前と君に会った後で時制をしっかり分けると曲の意味がより正確に理解できるかと思います。

スポンサーリンク

【Symphonyに出てくる英単語】

symphony
「交響曲」

rhapsody
「狂詩曲」

timeless
「(芸術作品などが)時代を超えた」「不朽の」「永遠の」

string
「~を糸に通す」

cut loose
「切り離す」「関係を断つ」

repeat
「繰り返し」

heartbeat
「鼓動」

incomplete
「不完全な」

tight
「きつく」

Clean Bandit – Symphony (Lyrics) feat. Zara Larsson

 

コメント

テキストのコピーはできません。