【Say You Won’t Let Go 歌詞和訳】James Arthur(ジェームズ・アーサー)

ジェームズ・アーサー(James Arthur)

James Arthur(ジェームズ・アーサー)のSay You Won’t Let Goを和訳してみた!

スポンサーリンク

Say You Won’t Let Go とは

James Arthur(ジェームズ・アーサー)のSay You Won’t Let Goは2016年にリリースされ、アルバム”Back from the edge”に収録されています。

Say You Won’t Let Go は、結婚式などの様々なところで流されており、とても素敵なメロディーとなっています。

ちなみに曲名にもなっている Say You Won’t Let Go は、直訳すると「アナタを絶対に手放さないって言って」という意味になります。好きな人を「手放したくない、離さない」というセリフはよく耳にしますが、相手にお願いするのは少し珍しいかもしれません。

純粋な恋ほど慎重に、臆病になるものです。彼女を大事にしすぎるあまりに上手くアタックできない、そんな男の心境、そして幸せな二人の将来が描かれています。

Say You Won’t Let Go は、そんな二人の恋愛を過去から将来まで歌っていて、とても純粋なラブソングになっています。

James Arthur – Say You Won't Let Go (Official Music Video)
スポンサーリンク

Say You Won’t Let Go 歌詞和訳

I met you in the dark, you lit me up
どん底で君に会ったんだ、君が僕を明るく照らしてくれた

You made me feel as though I was enough
君のおかげで僕は満ち足りてるような気持になったんだ

We danced the night away, we drank too much
僕らは夜通したくさん飲んで踊り明かした

I held your hair back when
You were throwing up
君が戻しちゃった時は僕が君の髪を束ねたね

Then you smiled over your shoulder
その時、君は肩越しに笑ったんだ

For a minute, I was stone-cold sober
一瞬すっかり酔いがさめて

I pulled you closer to my chest
君を抱きしめたんだ

And you asked me to stay over
すると君は僕に泊まっていけばって言った

I said, I already told ya
僕はこう切り返した、もう言ったよね

I think that you should get some rest
君は休んだ方がいいって

I knew I loved you then
君のことが好きなのはわかってるんだ

But you’d never know
でも君は絶対に知らない

‘Cause I played it cool when I was scared of letting go
だって僕は君を諦めるのが怖くてカッコつけてたから

I know I needed you
僕には君が必要だってわかってる

But I never showed
でも僕は絶対にそんな態度は見せなかった

But I wanna stay with you until we’re grey and old
でも、僕はいくつになっても一緒にいたいんだ

Just say you won’t let go
そばにいるって言ってくれ

Just say you won’t let go
そばにいるって言ってくれ

I’ll wake you up with some breakfast in bed
朝ごはんを持ってベットで寝てる君を起こしに行くよ

I’ll bring you coffee with a kiss on your head
君のおでこにキスをしながらコーヒーを

And I’ll take the kids to school
そして子供たちを学校に送ってくよ

Wave them goodbye
じゃあねって手を振るんだ

And I’ll thank my lucky stars for that night
あの夜のことを幸運の星たちに感謝するよ

When you looked over your shoulder
君が肩越しに僕を見たときに

For a minute, I forget that I’m older
一瞬、僕が年なのも忘れて

I wanna dance with you right now
今すぐ君と踊りたくなるんだ

Oh, and you look as beautiful as ever
君はいつもに増して美しい

And I swear that everyday’ll get better
僕は誓うよ、君は日を重ねるごとに美しくなってく

You make me feel this way somehow
どういうわけか君はそういう気持ちにさせてくれるんだ

I’m so in love with you
君を本当に愛してる

And I hope you know
わかって欲しいんだ

Darling your love is more than worth its weight in gold
なあ、君の愛はなににもまして価値がある

We’ve come so far my dear
最愛の人になるまで僕たちはたくさん歩いてきた

Look how we’ve grown
見てみなよ、僕たちはこんなにも大きくなれた

And I wanna stay with you until we’re grey and old
いくつになっても君と一緒にいたいんだ

Just say you won’t let go
そばにいるって言ってくれ

Just say you won’t let go
そばにいるって言ってくれ

I wanna live with you
君と一緒に生きていきたい

Even when we’re ghosts
たとえ僕たちが幽霊になっても

‘Cause you were always there for me when I needed you most
だって君が一番必要な時に君はいつも僕のために近くにいてくれたから

I’m gonna love you till
君を愛するよ

My lungs give out
僕の愛が尽きるまで

I promise till death we part like in our vows
約束するよ、死が二人を分かつまでそう誓ったように

So I wrote this song for you, now everybody knows
だから君のためにこの歌を書いたんだ、今じゃみんな知ってる

Finally it’s just you and me till we’re grey and old
少なくとも君と僕は年老いて白髪になるまで

Just say you won’t let go
そばにいるって言ってくれ

Just say you won’t let go
そばにいるって言ってくれ

Just say you won’t let go
そばにいるって言ってくれ

Oh, just say you won’t let go
そばにいるって言ってくれ

スポンサーリンク

Say You Won’t Let Go の意味と解説

in the dark と lit me up の意味

I met you in the dark, you lit me up「どん底で君に会ったんだ、君が僕を明るく照らしてくれた」という歌詞が曲中に出てきます。

その中にある lit という表現は、 light の過去形で「~を明るくする」という意味です。

また、You made me feel as though I was enough 「君が僕は十分だったかのように思わせてくれる」といった文があります。

ここからも、このin the dark の意味が「暗闇の中」ではなく「精神的な暗闇の中」というニュアンスだということがわかります。

throw upの意味

You were throwing up「君が戻しちゃった時」という歌詞が曲中に出て来ます。

throw up をよく「~を捨てる、~を放り投げる」なんて教わります。しかし、実は俗語的表現で「吐く」という意味もあるんです。

さらに、前の文にWe drunk too muchという文があるので、「飲みすぎた」と「吐く」の組み合わせの良さから throw up ⇒「吐く」と連想できます。

スポンサーリンク

Say You Won’t Let Go に出てくる英単語

as though
「~のように」

night away
「夜通し」

stone cold
「石のように冷たい」

somehow
「どいうわけか」

vow
「誓い」

wave
「波」

 Say You Won’t Let Go リリックビデオ

James Arthur – Say you won't let go (Lyrics Video)

コメント

テキストのコピーはできません。