【Sorry, Blame It On Me 歌詞和訳】Akon(エイコン)

エイコン(Akon)

Akon(エイコン)の Sorry, Blame It On Me(ソーリー・ブレイム・イット・オン・ミー)の歌詞を和訳してみた!

どうも!

今日は先輩の家でごはんをいただきました、タナベウスです!

今回和訳する曲は Akon(エイコン)の Sorry, Blame It On Me(ソーリー・ブレイム・イット・オン・ミー)です。

皆さんは誰かに謝りたいと思ったことはありますか?筆者はありません。(笑)
最低ですよね、分かってます。(笑)

Akon(エイコン)の歌う Sorry, Blame It On Me は謝罪ソングとしてかなり注目を浴びました。2000年代を代表するシンガーのうちの一人 Akon(エイコン)はいったい何をしたんでしょう。

今回は和訳の前にAkon(エイコン)がこの歌を作るに至った背景も紹介していきたいと思います。

Akon(エイコン)の謝罪感たっぷりなPVはコチラ

Akon – Sorry, Blame It On Me

 

スポンサーリンク

【Sorry, Blame It On Me の歌詞和訳から見える作曲までのストーリー】

それは”ナイトクラブZEN”での出来事だった。

 

その時、Akon(エイコン)はライブ中だった。

そのライブは、人気歌手の Gwen Stefani(グウェン・ステファニー)のツアーである。

 

ツアーの名前は”the Sweet Escape”

 

ライブ中に選ばれた Danah Alleyne というわずか15歳の少女が舞台に上げられた。

 

Akon(エイコン)は彼女が15歳だとは知らずに舞台上で性的なダンスを披露し、観客を沸かせた。

 

しかし後日、彼女が15歳の少女だったことが発覚し、その映像がテレビやネットで流されたのだ。

 

これを受けて Akon(エイコン)は批判の標的になった。

言うまでもなく、Akon(エイコン)の評判は下がっていったのだった。

 

そんなAkon(エイコン)を追撃するかのように悪い知らせが続く。

 

Akon(エイコン)は Gwen Stefani(グウェン・ステファニー)とのライブツアー”the Sweet Escape”から降板を余儀なくされた。

 

そして、”the Sweet Escape”からの降板と呼応するようにアメリカの大手企業である Verizon が Akon(エイコン)との契約を破棄したのだ。

 

Verizon は Akon(エイコン)とスポンサー契約を交わしており、着うたのラインナップに Akon(エイコン)の曲をのせていた。

 

Akon(エイコン)は自分の評判が地に落ちるなか、この曲 Sorry, Blame It On Me(ソーリー・ブレイム・イット・オン・ミー)を制作したのだ。

 

この曲はアメリカ全土でたちまち人気になり、YouTube(ユーチューブ)で再生回数二億回を突破したのだ。

 

まさに逆転劇である。

 

“ナイトクラブZEN”は18歳以下の少女を会場に受け入れていたことが問題視され、首相、自らが調査をすると発言。

 

店は閉じられたのだった。

 

 

スポンサーリンク

Sorry, Blame It On Me 歌詞和訳

As life goes on I’m starting to learn more and more about responsibility
年を取るにつれて、俺は責任ってやつをますます学び始めた

And I realize that everything I do
そして気づいたんだ、俺がやること全部が

Is affecting the people around me
周りの人間に影響を与えてるって

So I wanted to take this time out
だから、俺はこの時間を使うんだ

To apologize for things that I’ve done
俺が今までやってきたことを謝るために

And things that haven’t occurred yet
俺が今までやらなかったことを謝るために

And things that they don’t want to take responsibility for
アイツらが責任を取りたがらないものを謝るために

I’m sorry for the times that I left you home
ゴメンな、お前を家に何度も置き去りにした

I was on the road and you were alone
俺は外でお前は1人だった

I’m sorry for the times that I had to go
ゴメンな、何度も働かないといけなくて

I’m sorry for the fact that I did not know
ゴメンな、俺は何にも知らなかった

That you were sitting home, just wishing we
お前が家で待ってたこと、ただ願ってたこと

Could go back to when it was just you and me
2人が一緒だったあの時に戻ることを

I’m sorry for the times I would neglect
ゴメンな、何度も怠けたよな

I’m sorry for the times I disrespect
ゴメンな、何度も失礼なことをしたよな

I’m sorry for the wrong things that I’ve done
ゴメンな、俺が今までやってきた間違い

I’m sorry I’m not always there for my sons
ゴメンな、いつも子供のためにそばにいなくて

I’m sorry for the fact that I’m not aware
ゴメンな、俺は何にも気づいてない

That you can’t sleep at night when I am not there
俺がいない時、お前が眠れないってこと

Because I’m in the streets like every day
だって俺は毎日のように遊んでる

I’m sorry for the things that I did not say
ゴメンな、言わなかった

Like how you are the best thing in my world
俺の世界じゃお前がどれだけ1番なのか

And how I’m so proud to call you my girl
お前が俺の女って言えてどれだけ誇らしいか

I understand there are some problems
わかってる、問題があるのは

And I’m not too blind to know
俺も知らないほど鈍感じゃない

All the pain you kept inside you
お前がたくさん我慢してたこと

Even though you might not show
たとえ、お前が見せないようにしてても

If I can apologize for being wrong
もし俺が間違いを謝れたら

Then it’s just a shame on me
その時は、まさにみっともないな

I’ll be the reason for your pain
お前が傷つく理由は俺なんだ

And you can put the blame on me
だから、俺を責めてもいいんだ

You could put the blame on me
俺を責めてもいいんだ

You could put the blame on me
俺を責めてもいいんだ

You could put the blame on me
俺を責めてもいいんだ

You could put the blame on me
俺を責めてもいいんだ

Said you could put the blame on me
俺を責めてもいいんだっていったぞ

Said you could put the blame on me
お前は俺を責められるんだ

Said you could put the blame on me
俺が責めていいって言ったんだ

You could put the blame on me
お前は俺を責めてもいいんだ

I’m sorry for the things that he put you through
ごめんな、父さんに電話させて

And all the times you didn’t know what to do
いつもどうしたらいいのかわからなかったよな

I’m sorry that you had to go and sell those bags
ごめんな、バッグを売りに行かないといけなくさせて

Just tryin’ to stay busy ‘til you heard from Dad
ただ忙しくしようとしてたんだ、母さんに父さんからの便りが来るまで

When you would rather be home with all your kids
子どもが皆んな揃ってる家が良いって思ってたのにな

As one big family with love and bliss
愛と恵みが溢れる大きい家族みたいに

And even though pops treated us like kings
それでもポップ界は俺たちを王様みたいにあつかう

He got a second wife and you didn’t agree
父さんは2人目の妻をむかえて、母さんは反対した

He got up and left you there all alone
父さんが荒くなって、母さんは孤独を感じたよな

I’m sorry that you had to do it on your own
ごめんな、母さんが全部やらないといけなくて

I’m sorry that I went and added to your grief
ごめんな、俺が出かけてるあいだ、母さんの悲しみは増えてたんだよな

I’m sorry that your son was once a thief
ゴメンな、昔、盗みをしちまって

I’m sorry that I grew up way too fast
ゴメンな、こんなに早く大きくなって

I wish I would’ve listened and not be so bad
そんなに悪くなかった、そう言ってくれるといいな

I’m sorry that your life turned out this way
ゴメンな、母さんの人生をこんな風にしちまって

I’m sorry that the feds came and took me away
ゴメンな、役員が急に来て、それから捕まって

I understand there are some problems
わかってる、問題があるのは

And I’m not too blind to know
俺も知らないほど鈍感じゃない

All the pain you kept inside you
お前がたくさん我慢してたこと

Even though you might not show
たとえ、お前が見せないようにしてても

If I can apologize for being wrong
もし俺が間違いを謝れたら

Then it’s just a shame on me
その時は、まさにみっともないな

I’ll be the reason for your pain
お前が傷つく理由は俺なんだ

And you can put the blame on me
だから、俺を責めてもいいんだ

You could put the blame on me
俺を責めてもいいんだ

You could put the blame on me
俺を責めてもいいんだ

You could put the blame on me
俺を責めてもいいんだ

You could put the blame on me
俺を責めてもいいんだ

Said you could put the blame on me
俺を責めてもいいんだっていったぞ

Said you could put the blame on me
お前は俺を責められるんだ

Said you could put the blame on me
俺が責めていいって言ったんだ

You could put the blame on me
お前は俺を責めてもいいんだ

I’m sorry that it took so long to see
ゴメンな、証明するのにかなり時間がかかっちまった

That they were dead wrong tryin’ to put it on me
アイツらが完全に間違ってるって、俺に罪をなすりつけようとしてるんだ

I’m sorry that it took so long to speak
ゴメンな、公の場で話すのに、かなり時間がかかっちまって

But I was on tour with Gwen Stefani
でも、俺はグウェン・ステファニーとツアーに回ってたんだ

I’m sorry for the hand that she was dealt
ゴメンな、彼女の手を煩わせて

For the embarrassment that she felt
ゴメンな、厄介だったよな

Just a little young girl tryin’ to have fun
幼い少女は、ただ楽しみたかっただけなんだ

Her daddy should’ve never let her out that young
彼女の父さんも、あんなに若い子を外出させるべきじゃなかったんだ

I’m sorry for Club Zen getting shut down
ゴメンな、クラブZENを閉じちまって

I hope they manage better next time around
次はもっと上手に運営してくれたらいいな

How was I to know she was underage?
「彼女が未成年だった」なんて俺がどうやって知るってんだ?

In a 21-and-older club they say
クラブは21歳からって言ってたはずだ

Why doesn’t anybody wanna take blame?
なんで誰も責任を取ろうとしないんだ?

Verizon backed out, disgracing my name
ベライゾン社は俺との契約を取り消して、俺の名前を侮辱する

I’m just a singer tryin’ to entertain
俺はみんなを楽しませたい、ただの歌うたいなんだ

Because I love my fans I’ll take that blame
俺は責任を取るよ、ファンを愛してるから

Even though the blame’s on you
たとえオマエに責任があっても

Even though the blame’s on you
たとえオマエに責任があっても

Even though the blame’s on you
たとえオマエに責任があっても

I’ll take that blame from you
オマエの責任を俺が取るよ

And you can put that blame on me
そうすれば、お前は俺を責められる

And you can put that blame on me
俺を責めてもいいんだ

You can put that blame on me
俺をな

And you can put that blame on me
みんな俺を責められるんだ

And you can put that blame on me
みんな俺を責めてもいいんだ

And you can put that blame on me
みんな俺を責められる

スポンサーリンク

Sorry, Blame It On Me 翻訳の意味と解説

street

Because I’m in the streets like every day「だって俺は毎日のように遊んでる」

という歌詞が曲中に出てきます。

 

ここで使われている street という単語の意味をどのくらい知っていますか?

 

street は日本語に訳すと「道路」です。

 

ですが、われわれにもなじみ深い英単語で同じ日本語訳をもった言葉が存在します。

 

road です。

road も日本語に訳すと同じ「道」という意味になります。

 

それでは、この二つの単語の違いは何でしょうか?

 

street は街路で、道路の両脇に建物が立ち並んでいます。

road は街と街をつなげる車のための道路です。

 

つまり、street の方が人や、お店がたくさんあるイメージです。

 

よって、

Because I’m in the streets like every day

という表現は「だって俺は毎日のように遊んでる」という意味になるんです。

スポンサーリンク

【英単語の意味(Sorry, Blame It On Me 歌詞和訳)】

responsibility
「責任」

realize
「気づく」

affect
「影響を及ぼす」

apologize
「謝罪する」

occur
「起る」

road
「道路」

fact
「真実」

neglect
「怠ける」

disrespect
「無礼な態度をだす」

blind
「盲目の」

pain
「痛み」

blame
「非難」

put through
「電話を繋ぐ」

hear from
「連絡をもらう」

bliss
「恵み」

treat
「扱う」

agree
「賛成する」

grief
「悲しみ」

thief
「泥棒」

fed
「連邦政府の役員」

dead wrong
「全く間違っている」

hand
「手助け」

deal
「取引」

embarrassment
「厄介者」

have fun
「楽しむ」

daddy
「父さん」

shut down
「閉める」

underage
「未成年」

back out
「(約束したことを)取り消す」

disgrace
「恥辱」

entertain
「楽しませる」

 

コメント

テキストのコピーはできません。