【Waiting For Love 歌詞和訳】Avicii(アヴィーチー)

アヴィーチー(Avicii)

Avicii(アヴィーチー)の Waiting For Love の歌詞や和訳、曲情報をご紹介!

”Waiting For Love”はアヴィーチーが残した代表的な曲で、とても高い人気と知名度を持っています。愛を待ち続け、愛のために戦うけれども自分の所に愛は来ない。そんな悲しくも心に響く歌詞が”Waiting For Love”を人気にした理由です。

スポンサーリンク

Waiting For Love – Avicii(アヴィーチー)基本情報

  • 曲名:Wake Me Up
  • アーティスト:Avicii(アヴィーチー)
  • ジャンル:EDM
  • チャート:1位(スウェーデンなど)
  • 発売日:2015年5月22日
  • 収録アルバム:Stories
Avicii – Waiting For Love

アヴィーチーについてはこちら↓

Avicii(アヴィーチー)が死亡して一年が経ったので全てを振り返ってみた!
「Avicii(アヴィーチー)の死因って何だったの?」 「アヴィーチーの名曲やおすすめ曲を知りたい!アルバムが出たって本当?」 「アヴィーチーの今までを振り返ってみたい!」 アヴィーチーは2018年4月20日にオマーンのマスカットで死体とな
スポンサーリンク

 Waiting For Love – Avicii(アヴィーチー)の歌詞や和訳はこちら

Where there’s a will, there’s a way, kind of beautiful
「意思があるところに道は開ける」とは素晴らしい
where there’s a will, there’s a wayで「意思のあるところに道は開ける」ということわざがあります。kind ofで「ほとんど〜」という意味です。ここでは愛を待ち続けているのに自分のところには道が開けていない状況を皮肉って「ほぼ素晴らしい(70%くらいの気持ち)」と歌って表しています。
And every night has its day, so magical
「どんな夜にも素敵な時間がある」なんて不思議だ
has its dayで「素敵な1日」という意味があります。ここではどんな夜、愛しの人が来ない夜にでも素敵な時間があるのか?と皮肉った表現で歌っています。

And if there’s love in this life, there’s no obstacle
もし愛があれば、人生に何も障害はない

That can’t be defeated
ボロボロになることなんてないんだ

 

For every tyrant a tear for the vulnerable
強き者にも、弱き者にも涙はある

In every lost soul the bones of a miracle
失った魂にも骨の髄まで奇跡がある
in every lost soul the bones of a miracleを和訳すると「全ての失った魂にこもる骨の髄の奇跡」です。これでは意味がわかりませんね。ここで注目して欲しいのが「every lost soul(全ての失った魂)」という表現と「the bones of a miracle(骨の髄の奇跡)」という表現が比喩表現だということです。
”全ての失った魂”は”全ての最悪な時”、”骨の髄の奇跡”は”復活の奇跡”を表しています。この一文が伝えたい事はどんな時でも起死回生の奇跡があるという事。愛を待ち続けている今の自分に言い聞かせるように歌っているんです。

For every dreamer a dream we’re unstoppable
全ての夢見る人のため、僕たちは止まれない

With something to believe in
信じ続ける物を抱きながら

 

Monday left me broken
月曜日、傷ついた僕を置いていって

Tuesday I was through with hoping
火曜日は希望を抱きながら過ごし

Wednesday my empty arms were open
水曜日は空っぽの腕を広げた

Thursday waiting for love, waiting for love
木曜日は愛を待ち続けた、愛しの人を

Thank the stars it’s Friday
幸運に感謝したのが金曜日で

I’m burning like a fire gone wild on Saturday
まるで荒れ果てた炎のように燃えた土曜日

Guess I won’t be coming to church on Sunday
きっと教会にはいかない日曜日

I’ll be waiting for love
僕は愛を待ち続ける

Waiting for love to come around
待ち続けているんだ、愛が来るのを

 

We are one of a kind, irreplaceable
僕たちは唯一無二で、かけがえのない存在なんだ
one of a kindで「唯一無二」、irreplaceableで「交換が効かない」という意味です。
How did I get so blind and so cynical?
どのように盲目になって、皮肉になってしまうの?
ここでは愛を信じずに疑ってしまったり、信じすぎて盲目になったり、愛の不思議を歌っています。

If there’s love in this life we’re unstoppable
もし愛があれば、僕たちの人生は止まらない

No, we can’t be defeated
ボロボロになることなんてないんだ

 

Monday left me broken
月曜日、傷ついた僕を置いていって

Tuesday I was through with hoping
火曜日は希望を抱きながら過ごし

Wednesday my empty arms were open
水曜日は空っぽの腕を広げた

Thursday waiting for love, waiting for love
木曜日は愛を待ち続けた、愛しの人を

Thank the stars it’s Friday
幸運に感謝したのが金曜日で

I’m burning like a fire gone wild on Saturday
まるで荒れ果てた炎のように燃えた土曜日

Guess I won’t be coming to church on Sunday
きっと教会にはいかない日曜日

I’ll be waiting for love
僕は愛を待ち続ける

Waiting for love
待ち続けているんだ

To come around, come around
愛がここに来るのを

スポンサーリンク

 Waiting For Love – Avicii(アヴィーチー)まとめ

いかがでしょうか?

”Waiting For Love”と言えばアヴィーチーが残した名曲のトップ3に入るほど有名な曲です。そんな”Waiting For Love”ですが、実は作曲にあの人気DJのマーティン・ギャリックスが参加しています。

ちょこっと参加しただけですが、マーティン・ギャリックスにとってはアヴィーチーの楽曲プロデュースに参加した経験が今後のDJ人生を大きく変えるキッカケになったはずです。

ちなみに”Waiting For Love”はアヴィーチーの『Stories』のリードシングルとしてリリースされました。いってしまえば『Stories』の代表曲です。

人生のストーリーについて歌っている歌詞だと思って聞くとまた違った感じ方もできるのではないでしょうか?

コメント

テキストのコピーはできません。