【Sing 和訳】Ed Sheeran(エド・シーラン)

エド・シーラン(Ed Sheeran)

Ed Sheeran(エド・シーラン)の Sing の歌詞や和訳などをご紹介します!

Sing は2014年4月にリリースされ、エド・シーラン自身のセカンドアルバム“x(multiply)”に収録。アルバム“x(multiply)”は、エド・シーランの代表曲が数多く収録されており、Sing の他にも「Thinking Out Loud」や「Photograph」、「Don’t」などがあります。

Sing は世界的人気曲で YouTube の再生回数は2億回以上です。またオーストラリアやアイルランド、さらにエド・シーラン初となるイギリスのシングルチャートで1位を記録しました。US Billboard Hot 100では13位、イタリアのチャートでは5週間2位を記録するなどの人気曲です。

Sing は「愛しい君」と「歌」がテーマとなっています。エド・シーランの高音と美しい歌声が曲調にマッチしていて、聴き心地の良い1曲です。

スポンサーリンク

Sing の概要

  • 曲名:Sing
  • 曲時間:3分55秒
  • アーティスト:Ed Sheeran(エド・シーラン)
  • リリース日:2014年4月7日
  • アルバム:x(multiply)
  • 音楽ジャンル: R&B・hip hop(ヒップホップ)・funk(ファンク)
  • ソングライター:Ed Sheeran(エド・シーラン)・Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)
  • プロデューサー:Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)
  • ミュージックビデオ:You Tube

Ed Sheeran(エド・シーラン)についてはこちら!

Ed Sheeran(エド・シーラン)の全てがわかる!人気曲や生い立ちなども!
「Ed Sheeran(エド・シーラン)ってどんな人?とことん知りたい!」 エド・シーランはシンガーソングライターでありながら映画に出演し、楽曲の提供もしているマルチプレイヤーです。ジャスティン・ビーバーの『Love Yourself』のエ

Sing ミュージックビデオの解説

Sing のミュージックビデオには、あのエド人形が登場します。とてもエド・シーランにそっくりで、愛嬌のある人形です。

エド人形が Sing を歌い、車を運転するところから始まります。なんと、目的地はクラブのようなバーです。そこで若い女の子と話しながらお酒を飲んだり、日本人と思われるサラリーマンとカラオケを楽しみます。さらには若い女の子達に囲まれ、酔い狂いキスするシーンなど…。

ミュージックビデオの途中にあるのが、エド・シーラン本人が Sing をスタジオで歌っているシーンです。そのスタジオにエド人形がやって来て、まさかのエド・シーラン本人とエド人形がコラボします。

2人は若い女の子達に囲まれお酒を飲み、楽しい気分に…。最後のシーンでは、2人がベッドで目が覚めると朝になっていて、記憶を飛ばすぐらいお酒を飲んでしまったというオチです。

エド人形が夜の街を遊び尽くす Sing のミュージックビデオをご覧になってみて下さい!

Ed Sheeran – Sing [Official Video]

エド人形は Sing だけではなく、エド・シーランの代表曲「Happier」にも登場します。こちらの記事もご覧になってはどうですか?

【Happier / Ed Sheeran】エド・シーラン - 歌詞和訳
Ed Sheeran(エド・シーラン)の Happier の歌詞や和訳などをご紹介! Happier とは Ed Sheeran の Happier は2018年4月にリリースされ、自身のサードアルバム“÷(Divide)”に収録されて...
スポンサーリンク

Sing 歌詞和訳

It’s late in the evening
それは夕方の遅くのこと

Glass on the side
窓ガラスの端っこで

I’ve been sat with you
僕は君と一緒に座っていた

For most of the night
一晩中ずっといるためにね

Ignorin’ everybody here
ここにいる周りの人達なんて気にしないよ

We wish they would disappear
彼らがここを去ってほしいって思ってる
We wish they would disappear を直訳すると「僕たちは彼らが消えてほしい」です。前の歌詞に「君と一晩中いるために、座っている。周りの人たちなんて気にしないよ」と、後の歌詞に「そうなってしまえば、楽しめるんだ」とあります。なのでここでは、“僕たち以外、邪魔なんだ”というニュアンスを含み「彼らがここを去ってほしいって思ってる」と訳しました。
So maybe we could get down now
そうなってしまえば今、僕たちは楽しめるんだ
get down の意味は「(乗り物から)降りる」や「ひざまずく、倒す」です。down があるため“下”に対する言動をイメージすると思いますが、他にも「真面目にやる」や「楽しむ、セックスをする」などの意味があります。

And I don’t wanna know
それに、僕は知りたくなかったよ

If you’re gettin’ ahead of the program
君の予定がどんどん埋まってしまっているということを

I want you to be mine, lady
君を僕のものにしたいんだ

To hold your body close
君の体を抱きしめたいよ

Take another step into the no-man’s land
誰もいない世界へ僕らは踏み入れる

And for the longest time, lady
長い時を、君と過ごしたいんだ

 

I need you darling
僕は君が愛しくて必要なんだ

Come on, set the tone
さぁ、音を奏でよう

If you feel you’re fallin’
もし、君が落ち込むことがあれば

Won’t you let me know
僕に教えてくれないか

If you love me
もし、君が僕を愛してくれるなら

Come on, get involved
さぁ、共になろう

Feel it rushin’ through you
君を通してとても伝わってくるんだ
Feel it rushin’ through you を直訳すると「君を通して急いで感じる」です。“急ぐ”ということは、スピードが速いことを示し、この歌詞を協調していると考えました。なので「君を通してとても伝わってくるんだ」となります。
From your head to toe
君の全身からね
head to toe は「頭からつま先」のことを示します。なので From your head to toe を「君の全身からね」と訳しました。

 

SING!
歌おう

LOUDER!
もっと、騒ごう

SING!
歌おう

 

This love is ablaze, I saw flames from the side of the stage
この愛は燃えているんだ、僕は炎を見たよ、ステージの端っこから

And the fire brigade comes in a couple of days
消防隊は数日後にやってくるんだ
brigade の意味は「組、団」です。前に fire が付くことにより「消防隊」という意味になります。

Until then, we got nothin’ to say and nothin’ to know
それまで、僕たちは何も語れず、何も知ることができない

But somethin’ to drink and maybe somethin’ to smoke
でも、何かを飲んで、何かを吸うことはできる

Let it go until our roads are changed
僕らの運命が変わるまで、そのまま進もう

Singin’ “We Found Love” in a local rave
地元のパーティーで「We Found Love」を歌おうよ

No, I don’t really know what I’m supposed to say
本当にわからない、僕が君に何を語りかければいいかって

But I can just figure it out, then hope and pray
でも、僕にも希望と祈願があるってことはわかっている

I told her my name, then said “It’s nice to meet you”
彼女に僕の名前を伝えて、「君に出会えて嬉しいよ」って挨拶したよ

Then she handed me a bottle of water filled with tequila
そしたら、彼女は僕に渡してきたんだ、テキーラでいっぱいになった水のボトルを

I already know if she’s a keeper
僕はいつもわかっているよ、彼女の虜になっているって
keeper の意味は「管理人、看守」です。she’s a keeper は「彼女は管理人なんだ」となりますが、Sing は男性が女性に思いを寄せている曲となっているので、“僕が彼女に思いを寄せ、彼女の虜になっている”というニュアンスが含まれます。

Just from this one small act of kindness, I’m in deep shit
ほんの少しの優しさから、僕はハマってしまったよ

if anybody finds out
もし誰かが分かったとしても

I meant to drive home but I drunk all of it now
僕が車で家に帰ろうとしていることを、でももうすでに全部飲んでしまったんだ

Not soberin’ up, we just sit on the couch
酔いが冷めずに、僕たちはただソファーに座っている

One thing led to another, now she’s kissin’ my mouth
話したり触れ合っているうちに、彼女が今僕にキスをしているんだ

 

I need you darling
僕は君が愛しくて必要なんだ

Come on, set the tone
さぁ、音を奏でよう

If you feel you’re fallin’
もし、君が落ち込むことがあれば

Won’t you let me know
僕に教えてくれないか

If you love me
もし、君が僕を愛してくれるなら

Come on, get involved
さぁ、共になろう

Feel it rushin’ through you
君を通してとても伝わってくるんだ

From your head to toe
君の全身からね

 

SING!
歌おう

LOUDER!
もっと、騒ごう

SING!
歌おう

 

Can you feel it?
君は感じているか?

All the guys in here don’t even wanna dance
ここにいるやつら全員踊ることさえもしたくないんだ

Can you feel it?
君は感じているか?

All that I can hear is music from the back
僕が聞くことができる全ての音は後ろからの音楽だけなんだ

But can you feel it?
君は感じているか?

Found you hidin’ here so won’t you take my hand, darlin’?
ここに隠れている君を見つけた、君は僕の手を握ってくれるよね

Before the beat kicks in again
再びビートが聞こえる前に

Can you feel it?
君は感じているか?

Can you feel it?
君は感じているか?

 

SING!
歌おう

I need you darling
僕は君が愛しくて必要なんだ

Come on, set the tone
さぁ、音を奏でよう

If you feel you’re fallin’
もし、君が落ち込むことがあれば

Won’t you let me know
僕に教えてくれないか

LOUDER!
もっと、騒ごう

SING!
歌おう

If you love me
もし、君が僕を愛してくれるなら

Come on, get involved
さぁ、共になろう

Feel it rushin’ through you
君を通してとても伝わってくるんだ

From your head to toe
君の全身からね

LOUDER!
もっと、騒ごう

SING!
歌おう

スポンサーリンク

Sing あの有名人と共同制作!?

いかがでしたでしょうか?全体的にアップテンポな曲調に加え、サビの「SING!」で再び勢いが付き、自然と体がノッてくると思います。さらに、エド・シーランの高音も印象的です。

Sing についてエド・シーランは次のようにコメントしています。

僕は、ポップとR&BをJustin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)から影響を受けたんだ。この曲 Sing は、ジャスティン・ティンバーレイクの“FutureSex/LoveSounds”にインスパイアーされて制作したよ。
Justin Timberlake の“FutureSex/LoveSounds”はこちら!
01. FUTURESEX/LOVESOUND – Justin Timberlake [FUTURESEX/LOVESOUNDS]

ファレル・ウィリアムスと Sing を共同制作!

Sing は、エド・シーランとファレル・ウィリアムスの共同制作によってできました。コーラスを担当しており、ミュージックビデオを見ていただくと分かりますが、ファレル・ウィリアムスも出演しています。まさに大物アーティスト同士のコラボと言っても過言ではありません。

共同制作したファレル・ウィリアムスとは

ファレル・ウィリアムスは、アメリカ出身の音楽プロデューサー・歌手です。さらにはファッションデザイナーも行っています。グループ活動やソロ活動を通して、1990年代後半から現在に至るまで多くのアーティストとコラボやフィーチャリングをしたり、楽曲をプロデュースし世界中で活躍。過去、グラミー賞に24回ノミネートされ、7回受賞しました。

ファレル・ウィリアムスの代表曲はこちら!

Pharrell Williams – Happy (Official Music Video)

コメント

テキストのコピーはできません。