【Hold The Line 歌詞和訳】Avicii(アヴィーチー)

アヴィーチー(Avicii)

Avicii(アヴィーチー)の“Hold The Line”の歌詞や和訳、曲情報をご紹介!

“Hold The Line”は、2019年6月6日に全世界同時リリースされ、Avicii 最後のアルバム『TIM』に収録されています。

今回ボーカルに迎えたのが、Avicii と初のコラボとなる ARIZONA(アリゾナ)です。

Avicii は数多くの名曲を残し、世界一のDJと言えるほど有名に。しかし、音楽活動を続けていくにあたって、多くの苦悩や葛藤が Avicii にはありました。

“Hold The Line”では、追い込まれ引き下がれない状況に陥ったとしても「辛いことに直面したって、乗り越えられる」、「僕はまだ死なない、前に進んでいく」といった Avicii の強い気持ちが込められています。

また“Hold The Line”の歌詞では、Avicii の想いを戦争や紛争といった人々の争いに例えられ、メロディーは聴き取りやすいスローテンポな仕上がりに。

Hold The Line(Lyric Video)はこちら!曲と一緒に歌詞を追いかけてみて下さい↓↓↓

Avicii – Hold The Line (Lyric Video) ft. A R I Z O N A
スポンサーリンク

Hold The Line – Avicii(アヴィーチー)の歌詞や和訳はこちら

Crossbows and arrows, the smoke in the shadows
石弓と矢、影の中の煙

You’ll lose your mind standing on the battle line
君は自分を失う、戦線に立ちながら

Starting to choke on your heart in your throat and
むせ始めながら、キミの胸が、キミの喉が

It feels just like you can’t remember how to fight
それは君がまるで戦い方を思い出せないみたいだ

 

We’ll crack before we shatter
僕達は粉々になる前にくじける
shatterは「粉々になる」crackは「精神がくじける」という意味です。ここでは「肉体が粉々になる前に戦う意思が無くなってしまう」ということを表しています。

We can’t fall apart (Oh, oh)
でも僕達はくじけられないんだ

 

We don’t get to die young
僕達は若くして死ぬことは出来ない

Trouble keeping our head sometimes
厄介事が僕達の頭を時々引き止める

We just have to push on
ただ前進しなくちゃいけない

We don’t get to give up this life
僕達はこの人生を諦めることは出来ない

All the breath in your lungs
君の肺にある呼吸全てが

Is stronger than the tears in your eyes
君の目に浮かぶ涙より強いんだ
all the breath in your lungs「君の肺にある呼吸全て」、tears in your eyes「君の目に浮かぶ涙」とありますが、これは比喩表現で”生きたいという気持ち”と”戦う事の悲しみ”を意味しています。ここでは”生きたいという気持ち”が”戦う悲しみよりも強い”と表現されているんです。
It’s do or die, but we’re alive
死ぬ覚悟で挑む、でも僕達は生きてる
do or dieで「死ぬ覚悟で挑む」というスラングです。

And while we’re here, hold the line
僕達がここにいる間は、維持し続ける

Hold the line
保ち続けるんだ

 

Don’t hold your hands up, it’s your final stand
手を掲げ続けるな、これがキミの最後のステージ

Put your white flag down, oh, don’t you surrender now
白旗を下げて、負けを認めたらどうだ?

No hero’s story, there’s no blaze of glory
ヒーローのストーリーも栄光の輝きもない

But dawn’ll come at the end of the night
でも夜の終わりに夜明けは来る

 

We’ll crack before we shatter
僕達は粉々になる前にくじけてしまう

We can’t fall apart (Oh, oh, oh)
でも僕達はくじけられないんだ

 

We don’t get to die young
僕達は若くして死ぬことは出来ない

Trouble keeping our head sometimes
厄介事が僕達の頭を時々引き止める

We just have to push on
ただ前進しなくちゃいけない

We don’t get to give up this life
僕達はこの人生を諦めることは出来ない

All the breath in your lungs
君の肺にある呼吸全てが

Is stronger than the tears in your eyes
君の目に浮かぶ涙より強いんだ

It’s do or die, but we’re alive
死ぬ覚悟で挑む、でも僕達は生きてる

And while we’re here, hold the line
僕達がここにいる間は維持し続ける

Hold the line
保ち続けるんだ

Hold the line
保ち続けるんだ

 

We don’t get to die young
僕達は若くして死ぬことは出来ない

We just have to push on
ただ前進しなくちゃいけない

We don’t get to die young
僕達は若くして死ぬことは出来ない

Hold the line
保ち続けるんだ

スポンサーリンク

Hold The Line – Avicii(アヴィーチー)制作秘話を大公開!

“Hold The Line”の歌詞と和訳はいかがでしたか?

Avicii の前に進もうとする想いや、生死について語られた“Hold The Line”の歌詞には勇気が与えられ、前向きになれると思います。メロディーも聴き取りやすく素敵な一曲です。

さらに“Hold The Line”がリリースされる前日、YouTubeに『Avicii – The Story Behind”Hold The Line”』が公開されました。

“Hold The Line”の制作秘話などが語られていますが、この動画はすべて英語で日本語字幕がありません。しかし、英語が苦手な方でも見て何か感じるものがあると思います。

内容については動画の下で!『Avicii – The Story Behind”Hold The Line”』こちらから↓↓↓

Avicii – The Story Behind "Hold The Line" ft. A R I Z O N A

Lucas von Bahder と ARIZONA それぞれが“Hold The Line”について語っています。話している内容を以下のようにまとめました。

Lucas von Bahder と Avicii は、高校時代からの友人。Lucas von Bahder が最初“Hold The Line”について語っている。

Avicii が曲を作り始めたのが、17歳ぐらいであった。その時は、とてもひどい曲ばっかりでミーハー向けだったと。

学校よりも制作に Avicii は時間を当てていた。一曲完成させるので精一杯だった Avicii が、大ヒットし世界中で人気となる、急成長を遂げた。

もともと ARIZONA というアーティストを知らなかった。しかし、ある日 ARIZONA から送られてきたデモ音源(自分の音楽を評価してもらうために作成した曲のこと)によって存在を知り、その曲が“Hold The Line”であった。

そして ARIZONA をボーカルに迎え“Hold The Line”の制作が始まる。コーラスの部分では何度も再生し、約20種類のドロップが試された。

“Hold The Line”を手掛けた ARIZONA が次のように語っている。出来事を経験した、と認知することが大切。辛いことだって、悲しいことだって起こりうるが、僕は心の余裕がなかった時だからこそ、“Hold The Line”を書いた。

何事も一人じゃない。生きることに意味がある。前に進み、後ろには引き下がってはいけない。そして自分の全力を尽くすことが大切なんだと。

再び Lucas von Bahder が“Hold The Line”について語る。歌詞は暗いようにも捉えられるが、Avicii は暗い歌詞に明るい曲調をマッチさせるのが好きだった。そのコントラストが、曲の良さをさらに引き出すからである。

Avicii が“Hold The Line”に惹かれた理由の一つでもあった。

Hold The Line が収録されている Avicii(アヴィーチー)最後のアルバム『TIM』について

“Hold The Line”が収録されている Avicii最後のアルバム『TIM』が2019年6月7日にリリースされました。収録曲は全12曲です。

Avicii が他界してしまう前にアルバム『TIM』の制作は、ほぼ完成していたと言われています。そこで Avicii の家族の同意を得て、制作チームがアルバム『TIM』を引き継ぎ、リリースまで成し遂げることができました。

“Hold The Line”が収録されている Avicii最後のアルバム『TIM』についてくわしくはこちら↓↓↓

Avicii(アヴィーチー)が最後のアルバム『TIM』をリリース!収録曲や和訳も!
Avicii(アヴィーチー)の新アルバムであり、最後のアルバムでもある『TIM』は最高の仕上がりに!『TIM』の中は“TEAM AVICII”によって厳選された計12曲が挿入されています。なんとあの日本の曲も入っているとか!?

 

コメント

テキストのコピーはできません。