【Teeth 歌詞和訳】5 Seconds of Summer (ファイブ・セカンズ・オブ・サマー)

ファイブ・セカンズ・オブ・サマー(5 Seconds Of Summer)

5 Seconds of Summer(ファイブ・セカンズ・オブ・サマー)の“Teeth”の歌詞や和訳、曲情報をご紹介!

ファイブ・セカンズ・オブ・サマーの“Teeth”は2019年8月21日にリリースされ、アルバム『13 Reasons Why – Season 3』に収録されています。

“Teeth”は人気テレビドラマ『13の理由/シーズン3』のサウンドトラックでもあり、注目を集めている一曲です。

teeth(tooth の複数形) の意味は「歯、影響力、破壊的な力」で、この曲は高低差が激しくインパクトの強い仕上がりになっています。

スポンサーリンク

Teeth – 5 Seconds of Summer (ファイブ・セカンズ・オブ・サマー) とは

  • 曲名:Teeth
  • リリース日:2019年8月21日
  • アーティスト:5 Seconds of Summer(ファイブ・セカンズ・オブ・サマー)
  • ジャンル: Industrial pop(インダストリアル・ポップ)
  • 曲時間:3分24秒
  • ソングライター:Ali Tamposi、Andrew Wotman、Ashton Irwin、Bernard Sumner、Carl Sturken、Evan Rogers、Gillian Gilbert、Louis Bell、Luke Hemmings(ルーク・ヘミングス)、Peter Hook、Ryan Tedder、Stephen Morris
  • プロデューサー: Watt、Louis Bell
  • アルバム:13 Reasons Why – Season 3(13の理由/シーズン3)

ファイブ・セカンズ・オブ・サマーの“Teeth”のミュージックビデオは、リリースと同時に公開されました。

ファイブ・セカンズ・オブ・サマーのメンバーも出演している“Teeth”のミュージックビデオは、地獄のような空間を白(歯)と赤(歯茎、口内)で表現した、斬新なミュージックビデオになっています。

5 Seconds of Summer – Teeth (Official Video)はこちらから!『13の理由/シーズン3』に何か関連しているのでは…↓↓↓

5 Seconds of Summer – Teeth (Official Video)
スポンサーリンク

Teeth – 5 Seconds of Summer (ファイブ・セカンズ・オブ・サマー) 歌詞と和訳はこちら

Some days, you’re the only thing I know
ここ数日間、君は僕が知っている唯一の人間さ

Only thing that’s burning when the nights grow cold
それは、夜が冷えてくると燃え上がってくる

Can’t look away, can’t look away
僕は目を背けない、背くことができないんだ

Beg you to stay, beg you to stay, yeah
ここに君がいてほしい、お願いだ

Sometimes, you’re a stranger in my bed
時には、ベットの中で君は他人になって

Don’t know if you love me or you want me dead
君が僕を愛しているのか 僕を殺したいのか、分からないんだ

Push me away, push me away
僕を押しのけ、追い払おうとする

Then beg me to stay, beg me to stay, yeah
それでも僕をここにいさせてほしい、お願いだ

 

Call me in the morning to apologize
君は朝 僕に謝罪の電話をかける

Every little lie gives me butterflies
全ての小さな嘘が僕をドキドキさせて

Something in the way you’re looking through my eyes
君が見ている 僕の目に映っている景色の何かが

Don’t know if I’m gonna make it out alive
僕が今 生きているかどうかすら分からない

 

Fight so dirty, but your love so sweet
とても下品な争いだとしても、君の愛はとても甘いんだ

Talk so pretty, but your heart got teeth
とても美しく話したって、君の心は喰らいついていた

Late night devil, put your hands on me
夜遅くに悪魔が、僕のことを掴んで

And never, never, never ever let go
絶対に、絶対に、逃がさないようにするのさ

Fight so dirty, but your love so sweet
とても下品な争いだとしても、君の愛はとても甘いんだ

Talk so pretty, but your heart got teeth
とても美しく話したって、君の心は喰らいついていた

Late night devil, put your hands on me
夜遅くに悪魔が、僕のことを掴んで

And never, never, never ever let go
絶対に、絶対に、逃がさないようにするのさ

 

Some days, you’re the best thing in my life
ここ数日間、僕の人生の中で 君はとても素敵な人さ

Sometimes when I look at you, I see my wife
たまに君が自分の妻のように見えてくる

Then you turn into somebody I don’t know
それから君は僕が知らない誰かに変わってしまう

And you push me away, push me away, yeah
そして君は押しのけ、僕を追い払おうとするんだ

 

Call me in the morning to apologize
君は朝 僕に謝罪の電話をかける

Every little lie gives me butterflies
全ての小さな嘘が僕をドキドキさせるんだ

Something in the way you’re looking through my eyes
君が見ている 僕の目に映っている景色の何かが

Don’t know if I’m gonna make it out alive
僕が今 生きているかどうかすら分からないさ

 

Fight so dirty, but your love so sweet
とても下品な争いだとしても、君の愛はとても甘いんだ

Talk so pretty, but your heart got teeth
とても美しく話したって、君の心は喰らいついていた

Late night devil, put your hands on me
夜遅くに悪魔が、僕のことを掴んで

And never, never, never ever let go
絶対に、絶対に、逃がさないようにするのさ

Fight so dirty, but your love so sweet
とても下品な争いだとしても、君の愛はとても甘いんだ

Talk so pretty, but your heart got teeth
とても美しく話したって、君の心は喰らいついていた

Late night devil, put your hands on me
夜遅くに悪魔が、僕のことを掴んで

And never, never, never ever let go
絶対に、絶対に、逃がさないようにするのさ

 

Blood on my shirt, rose in my hand
シャツについた血が、手のとこまで滲んできて

You’re looking at me like you don’t know who I am
まるで僕を知らないかのように、君は僕のことを見ている

Blood on my shirt, heart in my hand
シャツについた血が、手のとこまで滲んできて

Still beating
心臓の鼓動が鳴り止むまでさ

 

Fight so dirty, but your love so sweet
とても下品な争いだとしても、君の愛はとても甘いんだ

Talk so pretty, but your heart got teeth
とても美しく話したって、君の心は喰らいついていた

Late night devil, put your hands on me
夜遅くに悪魔が、僕のことを掴んで

And never, never, never ever let go
絶対に、絶対に、逃がさないようにするのさ

Fight so dirty, but your love so sweet
とても下品な争いだとしても、君の愛はとても甘いんだ

Talk so pretty, but your heart got teeth
とても美しく話したって、君の心は喰らいついていた

Late night devil, put your hands on me
夜遅くに悪魔が、僕のことを掴んで

And never, never, never ever let go
絶対に、絶対に、逃がさないようにするのさ

 

Teeth
噛み付くように

Teeth
噛み付くように

Teeth
噛み付くように

Never, never, never ever let go
絶対に、絶対に、逃がさないようにするのさ

スポンサーリンク

Teeth – 5 Seconds of Summer (ファイブ・セカンズ・オブ・サマー) まとめ

ファイブ・セカンズ・オブ・サマーの“Teeth”の歌詞と和訳はいかがでしたか?

“Teeth”は、曲全体の高低差が激しくインパクトの強いメロディーだったと思います。

また、韻を踏みつつ歌声を急激に高くするサビの部分が非常に印象深い一曲です。

『13の理由/シーズン3』で、ファイブ・セカンズ・オブ・サマーの“Teeth”がどのシーンで、どのように使用されるかまだ明確にされていませんが、大いに期待できるのではないのでしょうか?

Teeth が使用されている『13の理由/シーズン3』とは?サウンドトラック収録曲一覧もこちらから

“Teeth”が使用されている『13の理由』とは、2017年3月にNetflixで配信が始まったテレビドラマです。

衝撃的な内容と秀逸に仕上げられたストーリーが世界中で話題となり、2017年にNetflixで最も視聴されたドラマ作品となりました。

脚本はブライアン・ヨーキー、製作総指揮はセレーナ・ゴメスが務めています。

『13の理由/シーズン3』は、2019年8月23日に配信予定です。予告映像はこちらから↓↓↓

『13の理由』シーズン3 最終予告編: ブライス・ウォーカー殺害の犯人は? – Netflix

ファイブ・セカンズ・オブ・サマーの“Teeth”も収録されている『13の理由/シーズン3』のサウンドトラック収録曲一覧はこちらから!

  1. Teeth – 5 Seconds Of Summer
  2. Die A Little – Yungblud
  3. F__k, I’m Lonely – Lauv, featuring Anne-Marie
  4. Swim Home – Cautious Clay
  5. Another Summer Night Without You – Alexander 23
  6. Miss U – Charli XCX
  7. Favorite Drug – Daydream Masi
  8. Keeping It In The Dark – Daya
  9. Young Forever – Jr Jr
  10. All That – Drama Relax, featuring Jeremih
  11. This Baby Don’t Cry – K Flay
  12. Walk Forever By My Side – Twin Shadow
  13. Slaves Of Fear – HEALTH
  14. All Your Life – Angelo De Augustine
  15. Culture – Hembree
  16. Still Want To Be Here – Frightened Rabbit
  17. Ordinary World – Eskmo, featuring White Sea

 

コメント

テキストのコピーはできません。